不妊の原因を知る|ピル活用で不妊治療への第一歩

話題の不妊治療

治療

日本で最初に不妊治療が行われたのは戦後になってからで、第三者の精液によってAIDと呼ばれる人工授精方法が成功したことがきっかけとなります。また奈良県の婦人科では母体に負担のない治療が行われ、女性の間で人気を集めています。

詳細を確認する...

男性不妊と原因

男性が原因の場合もある

男性

近年、不妊に悩む女性が増えています。その原因は様々で、晩婚化による難妊化やストレスによる排卵数の減少などがあります。不妊症の中には妊娠を望んで不妊治療を続ける人も多いかと思いますが、それでも改善しないケースも多々あります。その場合、実は夫も不妊症である可能性があります。 妊娠・出産の機能を持っているのは女性ですから、不妊症は女性特有の症状と考えがちです。しかし、男性が原因で、女性が妊娠ができない場合も多いのです。確かに男性の場合、女性と違って妊娠する能力はありません。そのため加齢による生殖能力の低下も女性と比べて低いですが、女性の卵子と同様に精子も内的あるいは外的要因によって劣化する事が確認されています。

男性の不妊とは

男性不妊の原因は先天的な場合と後天的な場合があります。先天的な不妊の原因は、遺伝的要因や身体的異常などがあります。後天的な場合は、仕事におけるストレスやアルコールの過剰摂取、喫煙など普段の生活環境によるものが多いです。また成人男性に患者が多い糖尿病は、初期には勃起不全や射精障害、病状の進行によって精子の質そのものが劣化していきます。 そういったものの中で、造精機能障害が男性不妊の最も多い原因とされています。約九割の原因が造性機能障害であり、無精子症・乏精子症・精子無力症の三種類に分ける事ができます。精巣やホルモン異常が原因ですが、不妊治療を施せば治せる可能性があります。また現在では顕微受精と呼ばれる方法もあり、妊娠できる確率は昔に比べて遥かに良くなっています。